お店の紹介

本年の鴨川納涼床は終了致しました。たくさんのご利用ありがとうございました。

京料理 さつき

維新の動乱も遠く、静寂の路地奥に憩う

店舗外観江戸時代、山口藩控屋敷があり、幕末〜維新にかけては兵学者・大村益次郎の常宿だった。維新後、この宿で刺客に襲われた。風情漂う路地の奥にはアールヌーボー調の銀の扉が。そのしつらえも素晴らしい。川床のコースは7560円、10800円、14040円(いずれもサ別)。鱧や鮎、賀茂なすの田楽など、京の夏の味が供される。鮎は頭からすべて食べられる稚鮎。コースの最後には夏の定番である、穴子と実山椒の組み合わせが絶妙なお茶漬けで締めくくる。

高瀬川一之舟入はじめ、志士の寓居跡など、歴史の足あと残る木屋町の、ここ“京料理さつき”は、兵部大輔従三位大村益次郎公の遺跡でございます。

  • *

    ●納涼床 5/1~9/30
    夏の風物詩 さつきの“鴨川納涼床”

  • *

    ●カウンター
    美味ひときわ小粋なカウンター

店舗情報

営業17時〜22時半(L.O.20時半)
定休日日曜(床の期間は営業の場合あり)
予算夜:7,560円~(サ10%別)
予約
収容約40名
住所京都市中京区木屋町通二条下ル
TEL075-241-0085
FAX075-223-0386
HPWEBサイトへ
最寄駅京阪電鉄三条駅より徒歩5分
阪急電鉄河原町駅より徒歩13分
地下鉄京都市役所前駅より徒歩3分