お店の紹介

本年の鴨川納涼床は終了致しました。たくさんのご利用ありがとうございました。

鴨川納涼床のご利用期間

5月1日~9月30日
※昼の床は5月と9月のみでございます。
夜の床は左記の期間ご利用いただけます。

上木屋町エリア 店舗一覧

みそそぎ川に設けられた、京の夏を彩る鴨川納涼床。
薄闇に浮かぶ床のもとで、川の流れと川風に涼みながら昼げ・夕げのひとときをお楽しみくださいませ。

懐石料理

1がんこ 高瀬川二条苑

植治の名庭、納涼床は”隠れ家”の雰囲気

がんこ 高瀬川二条苑 高瀬川を開削した角倉了以の別邸の庭園が起源。のちに明治の元勲・山縣有朋の別邸第二無鄰菴の庭園として、造園の名手・七代目小川治兵衛が禊川から取水して作庭した。納涼床へはこの緑豊かな庭を通って案内される。川床としては最北に位置し、左手に二条大橋を臨む。落ち着いた雰囲気の床で、鱧、鮎をはじめ京野菜など、夏の京の味をゆったりとあじわうことができる。5・9月のみ、昼床があるのでリーズナブルに楽しみたい方におすすめ。

がんこ 高瀬川二条苑
  • 営業

    11時〜15時(L.O.14時半)、17時〜21時(L.O.20時半)

  • 定休日

    なし ※昼床は5・9月のみ

  • 予算

    昼の平均:3,500円(サ10%別)/夜の平均:6,000円(サ10%別)

  • 予約

    予約が無難 ※喫煙スペースあり

  • 収容

    約60名

  • 住所

    京都市中京区木屋町通二条下ル東生洲町484-6

  • TEL

    075-223-3456

  • FAX

    075-255-2580

  • HP

    http://www.gankofood.co.jp/group/oyashiki/nijyoen/

続きを見る

湯葉・味噌・豆腐料理

2ゆば・みそ・とうふ 京料理 豆屋源蔵

味噌・豆腐・湯葉、絶妙の味出す名脇役

ゆば・みそ・とうふ 京料理 豆屋源蔵 戦前はお茶屋、戦後は旅館として多くの文人や文化人に愛された「近江初」の面影を残す風雅な店。その日仕入れた魚介や京野菜、毎朝ていねいに手作りされる自家製の豆腐、湯葉でもてなす。華美に走らず奇をてらわず「花ハ半開 酒ハ微酔」を身上とし、鮎は味噌田楽で供するなど湯葉、味噌、豆腐を主役の食材を引き立てる名脇役として使い絶妙な味を醸す。豆乳枝豆摺り流しや銀餡を掛けた碗豆腐が人気。夜は5800円〜(税・席料込み)。昼は3250円〜。

ゆば・みそ・とうふ 京料理 豆屋源蔵
  • 営業

    11時半〜14時半(L.O.13時半)、17時〜23時(L.O.21時) ※昼床は5・9月のみ

  • 定休日

    不定休 ※昼床は5・9月のみ

  • 予算

    昼:3,500円〜/夜の平均:7,500円

  • 予約

  • 収容

    約40名

  • 住所

    京都市中京区木屋町通御池上ル

  • TEL

    075-253-1155

  • FAX

    075-253-1155

  • HP

    http://www.mameyagenzo.co.jp/

続きを見る

鳥料理

4新三浦

女優・森光子の生家、今は水炊きの名店

新三浦 創業は大正初期。元は女優・森光子の生家で、当時のままの部屋も残っている。井戸水と鶏ガラを10時間以上煮出してとった白濁したスープは創業以来変わらない。使うのは国産の朝びき若鶏のみ。キャベツ、丁子麩、白餅、葛きり、椎茸などが入る。「スープの味が変わらないものを選んでいる」というように、こだわりのスープはあっさりしていてコクがある。まろやかな自家製ポン酢でいただく。コースは5800円(サ込)。鍋に合う辛口の酒も揃っている。

新三浦
  • 営業

    17時〜22時(L.O.20時)

  • 定休日

    不定休(主に日曜休)

  • 予算

    夜の平均:8,000円(サ込)

  • 予約

    予約が無難

  • 収容

    約60名

  • 住所

    京都市中京区木屋町通御池上ル

  • TEL

    075-231-1297

  • FAX

    075-231-1399

  • HP

    http://www.sinmiura.jp/

続きを見る

詳細ページ

イタリア料理

5お箸で楽しむ京町家イタリアン プレーゴ藤吉

素材の旬の味わいを生かしたイタリアンを

お箸で楽しむ京町家イタリアン プレーゴ藤吉 木屋町通の細い路地、石畳のその先に見える、趣ある京の町屋。築100年以上の老舗旅館をリノベーションしたレストラン【プレーゴ藤吉】では、素材の旬の味わいを活かしたイタリアンを提案します。なかでも、契約農家から直送される、瑞々しい野菜をふんだんに使う『朝どり野菜のサラダ』は、野菜本来の甘みと濃い味を楽しめる一品。また、じっくりねかせた熟成肉を使う『ステーク・ド・フリット』は、コクのある、凝縮した和牛の旨みを味わえる逸品をお楽しみいただけます。

お箸で楽しむ京町家イタリアン プレーゴ藤吉
  • 営業

    11時半~15時(L.O.14時)、17時~23時(L.O.22時)※時期により変更

  • 定休日

    不定休 ※床はディナーのみ

  • 予算

    昼:3,024円~/夜4,104円~ ※チャージ料350円(床利用は7,344円~ 床席料500円)

  • 予約

    予約が無難

  • 収容

    約30名

  • 住所

    京都市中京区木屋町二条下ル上樵木町494

  • TEL

    075-229-6763

  • FAX

    075-229-6763

続きを見る

京料理

6さつき

維新の動乱も遠く、静寂の路地奥に憩う

さつき 江戸時代、山口藩控屋敷があり、幕末〜維新にかけては兵学者・大村益次郎の常宿だった。維新後、この宿で刺客に襲われた。風情漂う路地の奥にはアールヌーボー調の銀の扉が。そのしつらえも素晴らしい。川床のコースは7560円、10800円、14040円(いずれもサ別)。鱧や鮎、賀茂なすの田楽など、京の夏の味が供される。鮎は頭からすべて食べられる稚鮎。最後は名物・穴子茶漬けで締める。甘辛く炊いた穴子と実山椒が絶妙。ほうじ茶でいただく。

さつき
  • 営業

    17時半〜22時半(L.O.20時半)

  • 定休日

    日曜休(床の期間は営業の場合あり)

  • 予算

    夜:7,560円~(サ10%別)

  • 予約

  • 収容

    約40名

  • 住所

    京都市中京区木屋町通二条下ル

  • TEL

    075-241-0085

  • FAX

    075-223-0386

  • HP

    http://kyoto-satsuki.com/contents/

続きを見る

詳細ページ

京料理

7京料理 竹島 一期

一期一会の心でもてなす正統派京料理

京料理 竹島 一期 元は明治30年に旅館として創業し、後に割烹へと転身。川床は6480円~の京会席(サ別)だが、おすすめは京会席に広島牛陶板焼きがセットになった吟醸コース8640円だ。A4クラスのサーロインを余分な脂身を取り除き上質の部位だけを楽しむことができる贅沢な逸品。料理に合う京の地酒も豊富に取り揃えており、しっとり落ち着いた空間で夕涼みが堪能できる。昼床は3240円~(サ別)。

京料理 竹島 一期
  • 営業

    11時半〜14時(L.O.13時半)、17時〜22時(L.O.20時半)※床は11時半~14時(L.O.13時)、17時~22時(L.O.20時)

  • 定休日

    不定休(主に月曜日休)

  • 予算

    昼:3,240円(床席料別)〜/夜:6,480円(床席料別)〜

  • 予約

  • 収容

    約60名

  • 住所

    京都市中京区木屋町通御池上ル東側 アイル竹嶋1F

  • TEL

    075-256-2550

  • FAX

    075-256-2556

  • HP

    http://www.takeshimakyoto.jp/

続きを見る

詳細ページ

京料理

8幾松

幕末の恋に思い馳せ、伝統の床で一献

幾松 店名は桂小五郎(木戸孝允)の恋人、のちに妻となる三本木の芸妓、幾松(木戸松子)にちなむ。築200年以上という風格漂う建物に「幾松の部屋」があり、登録有形文化財になっている。川床では京会席14400円(サ込)〜がいただける。京野菜や鱧など、吟味した旬の食材を使った京会席は毎日献立が変わる。必ず前日までに予約を。昼は弁当5658円(サ込)〜。伝統の川床で幕末に想いを馳せながら一献。料理と共にタイムトリップも楽しみたい。

幾松
  • 営業

    11時半〜15時(L.O.13時半)、17時半〜22時(L.O.19時半)

  • 定休日

    年末年始休 ※昼床は5・9月のみ

  • 予算

    昼:5,658円(サ込)〜/夜:14,400円(サ込)~

  • 予約

    要 ※全席禁煙

  • 収容

    約120名 ※床は座敷もしくは和テーブル。要問い合わせ

  • 住所

    京都市中京区木屋町通御池上ル上樵木町497

  • TEL

    075-231-1234

  • FAX

    075-231-4192

  • HP

    http://www.ikumatsu.com/

続きを見る

会席料理・郷土料理

9めん坊 木屋町本店

讃岐の味と京の風流が味わえる床

めん坊 木屋町本店 細い路地の奥に進むと、京町家の風情が漂う佇まい。お薦めは、鱧の落とし、鮎の塩焼きなど9 品付いた京会席(6480円〜、サ別)。締めにいただく本格讃岐生醤油うどんはコシがあり、のどごしの良い逸品。大皿から取り分ける土佐の皿鉢(さわち)料理も名物(5500円〜、サ別)。皿鉢料理には、鰹のたたき、造り、寿司、焼き物などが盛り合わされる。もちろん締めは、生醤油うどんだ。”別腹”でつるつる入る。京料理と讃岐うどんのコラボを楽しみたい。

めん坊 木屋町本店
  • 営業

    11時半〜14時(L.O.14時)、17時〜22時半(L.O.22時)※床は11時半~14時(L.O.13時半)、17~22時(L.O.21時半)

  • 定休日

    12/30~1/1 ※昼床は5.9月のみ

  • 予算

    昼:3,300円(サ10%別)〜/夜:6,480円(サ10%別)~

  • 予約

    予約が無難(昼床は要予約) ※喫煙席あり

  • 収容

    約60名

  • 住所

    京都市中京区木屋町通御池上ル東側

  • TEL

    075-231-2366

  • FAX

    075-231-2528

  • HP

    http://www.menbo-foods.com/

続きを見る

ショコラ&カフェ

11サロンドロワイヤル京都

カフェ床でこだわりのボンボンショコラ

サロンドロワイヤル京都 2012年9月にオープンしたチョコレート専門店。タヒチ産のバニラを使用したタヒチバニラや世界一のオリーブオイル「マシア・エル・アルテット」(スペイン産)などを使ったボンボンショコラが、ガラスケースにまるで宝石のように並んでいる。ガラス張りの明るい店内やカフェ床では、こだわりのボンボンショコラを主役に、マカロンやプティガトー、アシェットデセールなどが堪能できる。

サロンドロワイヤル京都
  • 営業

    11時〜20時(L.O.19時半) ※5〜9月は21時(L.O.20時半)まで

  • 定休日

    不定休 ※昼床は5・9月のみ

  • 予算

    平均2,000円

  • 予約

    不可 ※全席禁煙

  • 収容

    30名

  • 住所

    京都市中京区木屋町通御池上ル樵木町502

  • TEL

    075-211-4121

  • FAX

    075-211-4121

続きを見る

京料理

12京料理 梅むら

変わらぬもてなし、明治の元勲をしのぶ

京料理 梅むら 元は明治の元勲・伊藤博文公が定宿にしていた料理旅館。杉皮塀が続く石畳の露地に往時の面影が色濃く漂う。川床料理は京懐石11880円(サ別)〜。鱧、鮎、京野菜など、伝統の包丁技が冴える目にも涼やかな料理。約90人を収容できる広々とした床は伝統的なお座敷の床。今も昔も変わらないおもてなしの心が息づいている。昔から芸能界の方に愛されよく利用されているので、思いがけず有名人に会えるかもしれない。昼は鴨川御膳5832円(サ別)〜。

京料理 梅むら
  • 営業

    11時半〜14時(L.O.13時半)、17時〜22時(L.O.20時半)

  • 定休日

    なし ※昼床は5・9月のみ

  • 予算

    昼:5,832円(サ別)〜 夜の平均:11,880円(サ別)

  • 予約

    要 ※全席禁煙(禁煙室あり)

  • 収容

    約90名

  • 住所

    京都市中京区木屋町通三条上ル上大阪町515-1

  • TEL

    075-231-3383

  • FAX

    075-231-0156

  • HP

    http://www5a.biglobe.ne.jp/~ume-mura

続きを見る

豆腐料理

13豆水楼 木屋町本店

京町家の暮れゆく床にて豆腐料理

豆水楼 木屋町本店 細長い路地裏の奥に佇む、築120年余りの元お茶屋の建物。網代天井や坪庭など往時の風趣が大事に残されている。国産大豆100%と天然にがりで仕込んだ、甘味と香りを楽しめるおぼろ豆腐をメインに、旬の食材と湯葉、生麩を使ったコース(3969円〜)を提供。ほかにも朴葉味噌焼き1134円(税込)などの一品料理も人気。5月と9月は昼床にて2494円(サ込)のサービス膳もある。

豆水楼 木屋町本店
  • 営業

    11時半〜14時半(L.O.14時)、日祝11時45分〜15時半(L.O.15時) ※床は17時〜22時(L.O.21時半)、日祝17時〜21時半(L.O.21時)

  • 定休日

    不定休 ※昼床は5・9月のみ

  • 予算

    昼:2,494円〜(サ込)〜/夜の平均:6,000円位〜(サ込)※床席料1,000円

  • 予約

    要 ※喫煙席あり(店内は禁煙)

  • 収容

    約45名(団体様は35名まで)

  • 住所

    京都市中京区木屋町通三条上ル上大阪町517-3

  • TEL

    075-251-1600

  • FAX

    075-251-1666

  • HP

    http://www.tousuiro.com

続きを見る

京料理

14京・鴨川 懐石 櫻

”桜色に染まった”店内、京懐石に華そえる

京・鴨川 懐石 櫻 桜の意匠がちりばめられた店内。川床の欄干にも透かし彫りの桜が舞う。「一期一会、桜に然り」という想いから、しつらえから小物に至るまで、桜にこだわってデザインされ華やかな雰囲気。川床は4320円、6480円、8640円〜(いずれもサ別)。鱧、鮎、京野菜を中心にした京懐石が味わえる。すべてのコースにつく漬物ずしが人気だ。ファミリー向けにお子さまランチも用意されている。川床からは、大文字、清水寺が望める。昼は2650円(サ別)〜。

京・鴨川 懐石 櫻
  • 営業

    11時半〜14時(L.O.13時)、17時〜22時(L.O.21時)

  • 定休日

    なし ※昼床は5・9月のみ

  • 予算

    昼:2,700円(サ別)〜 夜の平均:9,500円(サ別)

  • 予約

  • 収容

    約40名

  • 住所

    京都市中京区木屋町通御池下ル一筋目東入ル

  • TEL

    075-231-1616

  • FAX

    075-231-1199

続きを見る

詳細ページ

和洋折衷割烹

15河久

割烹スタイルを生かし、気配りも細やか

河久 空間デザイナー白砂伸夫氏による店内は、カウンター席を大切にする割烹店ならではのデザイン。京料理店に生まれた初代は京都ホテルで修業。和と洋の技術を自在に操り、客のニーズに応えてくれる。パリッと香ばしく揚がった手羽先揚げやローストビーフ、淡路直送の鮮魚などが人気。おまかせコースは7350円〜。川床も店内も同じ料理がいただける。割烹スタイルを生かしつつ、客への細かな気配りを忘れないのがポリシー。川床からは大文字が見える。

河久
  • 営業

    11時半〜13時半(L.O.)、16時〜21時(L.O.)

  • 定休日

    不定休

  • 予算

    昼:3,240円〜 夜の平均:7,560円

  • 予約

    予約が無難

  • 収容

    36名

  • 住所

    京都市中京区木屋町通三条上ル上大阪町518

  • TEL

    075-211-0888

  • FAX

    075-211-0888

  • HP

    http://www.kawahisa.com

続きを見る

焼肉

16京の焼肉処 弘 木屋町店

焼肉専門の床、三条大橋を一望し乾杯!

京の焼肉処 弘 木屋町店 川床で唯一の焼肉専門の床。焼肉の煙をフィルターでろ過し、さらに光触媒の技術できれいにしてから排出する最新のロースターを使っている。精肉店が母体なので黒毛和牛を1頭買いし、部位に合った食べ方を提案している。川床のコースは5400円〜。4種類の前菜、特製ゴマダレでいただく焼しゃぶ、自分でハサミでカットして焼くウデのクラシタ肉、ご飯、赤出し、デザートがつく。三条大橋を一望する気持ちのいい川床で、今宵生ビールで乾杯を。

京の焼肉処 弘 木屋町店
  • 営業

    17時〜24時(L.O.23時) ※床は17時〜23時(L.O.22時半)

  • 定休日

    なし

  • 予算

    夜:5,400円~ ※床はコースのみ

  • 予約

    予約が無難

  • 収容

    約42名

  • 住所

    京都市中京区木屋町通三条上ル上大阪町

  • TEL

    075-213-5000

  • HP

    http://www.yakiniku-hiro.com/kiyamachi.php

続きを見る

詳細ページ

すき焼き・しゃぶしゃぶ・オイル焼き・ステーキ

19モリタ屋 木屋町店

牛肉店の草分け、直営牧場の極上京都肉

モリタ屋 木屋町店 京都初の牛肉専門店として明治2年に創業。丹波和知高原の専業牧場で肥育した京都肉をはじめ全国から厳選した特選国産黒毛和牛をすき焼き・しゃぶしゃぶ・オイル焼き・ステーキで味わえる。人気はすき焼きで、床では5724円(サ別)から。味付けはざらめと割り下。まずお肉を味わう。その軟らかさに驚く。夏はオイル焼きがお薦め。ロースやヒレと野菜を鉄板で焼く。特製黄身おろしに京七味を振って食す。暑さも吹き飛ぶ。

モリタ屋 木屋町店
  • 営業

    平日:11時半〜15時半(L.O.14時半)、17時〜23時(L.O.21時半) 土日祝:11時半〜23時(L.O.21時半)

  • 定休日

    年末年始休 ※昼床は5・9月のみ

  • 予算

    昼:5,724円(サ10%別)〜/夜の平均:8,424円(サ10%別)

  • 予約

    予約が無難

  • 収容

    約60名

  • 住所

    京都市中京区木屋町通三条上ル上大阪町531

  • TEL

    0120-77-0298

  • FAX

    075-231-5119

続きを見る

オイル焼・すき焼き・しゃぶしゃぶ

20こま井亭

自信の近江牛、舌の肥えた客もうなる味

こま井亭 新町三条で創業。100年以上、味にうるさい室町の旦那衆をうならせてきた。もとは近江出身の初代が始めた肉の卸・元小売の専門店であるため、近江牛に自信あり。野菜は九条ねぎ、壬生菜、淡路産玉ネギなど。牛脂をひいて牛肉を入れ、白ザラメと濃口醤油で味付けする昔ながらの京都のすき焼きが味わえる。卵は丹波地鶏。突き出しもすべて自家製だ。すき焼5940円(税サ込)〜。極上のヒレを使った軟らかなオイル焼は10692円(税サ込)。しゃぶしゃぶ7722円(税サ込)〜。

こま井亭
  • 営業

    17時〜22時(L.O.21時)

  • 定休日

    火曜休、不定休

  • 予算

    夜:6,000円(税サ込)〜 ※床席料300円・チャー ジ料1,500円(ex 4人中3人しかオーダーがない場合など)

  • 予約

    要 ※全席禁煙(喫煙所あり)

  • 収容

    約55名

  • 住所

    京都市中京区木屋町通三条上ル上大阪町532

  • TEL

    075-251-0351

続きを見る

詳細ページ

コーヒーストア

21スターバックス コーヒー 京都三条大橋店

カフェの床、立地良く行列のできる日も

スターバックス コーヒー 京都三条大橋店 シアトル生れの人気カフェ。厳選されたこだわりのコーヒーに定評がある。カフェの川床はここだけ。三条大橋のたもとという絶好のロケーション。床料はなく、店内と同じメニューが楽しめるとあって週末は行列も。ここの床で待ち合わせをして、川床料理に出かけるのも京都ならでは。日替りの「ドリップコーヒー」や「抹茶クリームフラペチーノ Ⓡ」が人気。

スターバックス コーヒー 京都三条大橋店
  • 営業

    5・9月 11時半〜22時、6〜8月 16時〜22時

  • 定休日

    なし ※昼床は5・9月のみ(臨時休業あり)

  • 予約

    不要

  • 収容

    約36名

  • 住所

    京都市中京区三条通河原町東入ル中島町113 近江屋ビル1F

  • TEL

    075-213-2326

  • FAX

    075-257-3315

続きを見る